スポンサードリンク


カテゴリ


サイトマップ


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いびきというのは、いびきをかいている本人よりも、聞かされる家族のほうが迷惑なものです。
いくら本人に「うるさい」と言っても、「仕方ないだろ!」と逆ギレされる方も多いのではないでしょうか?

枕の高さが・・と言われれば、枕を買い替えたり、鼻にテープを貼ってみたり・・・
いろいろないびき防止グッズも効果がないとわかれば、あとは聞かされる側が耳栓をするくらいしか方法がありませんね。
しかし、耳栓も目覚まし時計の音が聞こえないなどといったデメリットがあります。
結局、寝室を別にするしかいびき防止の方法がないという人も多いでしょう。

でも、それで諦めてはいけません。いびきは本当に体に悪いのです。
疲れているから・・・なんていった理由で、大いびきを毎日かくことはありません。
必ず、何かしらの病気を抱えているのだということを、知っておいてくださいね。
本人にその気がなくても、いびきに関する本やネット情報を見せて、その恐ろしさを知ってもらいましょう。
そして、できるだけ早く病院にかかることをすすめましょう。
睡眠の専門医を嫌がるようであれば、耳鼻咽喉科に行ってもらうのも良いでしょう。
いびきの原因がわかれば、治るのも早いということも頭に入れておいてくださいね。いびきは『治る病気』なのですから。
もちろん、すぐにいびきをかかなくなるわけではありません。
医師の指示に従ったいびき防止法を続ければ、いつの日か家族みんなが同じ部屋で寝ることも出来るでしょう。
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © いびきは治る病気です。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。