スポンサードリンク


カテゴリ


サイトマップ


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いびきをかく原因として多いのが、咽頭にあたる部分に病気を抱えている場合です。
咽頭とは、鼻腔・口腔から喉頭・食道の入り口までの部分を言います。
咽頭に障害があると、さまざまな形となって、その症状は現れます。
例えば、リンパ線が腫れる、食べ物を飲み込む時に喉が痛くなるなどが、それです。
そして、見落としがちなサインにいびきがあります。

風邪が原因の急性咽頭炎などは、風邪薬とともに、抗生剤やうがい薬で治療を行います。
普段、いびきをかかないのであれば、風邪が治るのとともに、いびき防止もされることでしょう。
しかしながら、へんとう肥大といわれるへんとう部が大きくなってしまうケースだと、風邪のように簡単にいびき防止をするわけにはいきません。
程度にもよりますが、へんとう部を切り取る摘出手術を受けなくてはいけない場合もあります。
しかし、程度が悪くても、発熱を繰り返したり、呼吸が止まるような大いびきをかかないのであれば、早急に手術を受ける必要はありません。
また、子どものいびきの原因で、最も多いのがこのへんとう肥大です。
よく熱を出したり、食が細いようならば、一度、口の中を覗いてみましょう。
喉が赤く腫れあがっていると、へんとう肥大の可能性が高くなります。

いびきの原因となっている咽頭の病気は、他にも咽頭ガン、声帯ポリープ、喉頭ガンなどがあります。
いずれも、早く治療しないといけないものばかりですね。
もしも、いびきで呼吸が止まっているようなことがあれば、一度、耳鼻咽喉科へ行きましょう。
いびきを防止できる上に、病気の早期治療が可能です。
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © いびきは治る病気です。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。