スポンサードリンク


カテゴリ


サイトマップ


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いびき防止をするためには、鼻呼吸で寝られるようにならなくてはいけません。
今回は、鼻の仕組みみてみましょう。

鼻は、私達人間に、とても大事な働きをしています。
嗅覚作用と呼吸作用がその大きな働きです。
特に、いびきと関係している呼吸作用では、鼻から入った空気を喉に送り込む際に、空気の温度や湿度を調整し、さらにはほこりや細菌をろ過するという大切な役割をしています。
普段は、あって当たり前の鼻も、病気になると、目や脳にも影響を及ぼすといわれています。
頭痛や注意力が散漫になるのも、鼻の病気と関係していることが多いのです。
そして、鼻の病気にかかったほとんどの人に、いびきをかく傾向がでます。
いびきは、放っておけば、睡眠時無呼吸症を引き起こす恐ろしい病気なのです。
いびき防止のためにも、早く治療を受けたほうが良いのかが分かりますね。

いびきの原因になる鼻の病気は、以下の通りです。
1.急性鼻炎
2.蓄膿症
3.慢性鼻炎
4.花粉症
5.鼻出血
6.鼻の外傷
7.鼻ポリープ

花粉症においては、日本にもたくさんの患者さんがいらっしゃいます。
花粉の時期が過ぎるまでの我慢だと思っている方も、いるでしょう。
しかし、花粉症を放置しておくと、慢性的な気管支喘息になるともいわれているのです。
必ず、治療を受けるようにしましょう。

そして、普段の生活で匂いがわからなくなったり、鼻が詰まっているような症状があるのならば、耳鼻咽喉科の診察をうけましょう。
耳鼻咽喉科の通院は、長期にわたることが多いので敬遠しがちですが、いびき防止のためにも、根気よく通院するようにしてください。
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © いびきは治る病気です。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。