スポンサードリンク


カテゴリ


サイトマップ


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY:いびきとは
大きないびきは、一歩ずつ死に近づいているといっても、過言ではありません。
いびきをかく2人に1人が医師の診察を受けなくてはいけない状態であるというデータも発表されているほどです。
大げさに思われるかもしれませんが、いびきは心臓病や高血圧などと同じ成人病だという医師がいるほどです。
もしも、いびきをかく体質ならば、いびき防止の方法を知っておいたほうがよいでしょう。

睡眠中に無呼吸の状態がある人、すなわち睡眠時無呼吸症は40代から50代の中年男性にもっとも多い発症率があるそうです。
さらに、高血圧や心臓病の持病を持っている人がとても多いといわれています。
これらの病気に関連した脳卒中は、いつ頃起こるかご存知ですか?
実は、脳卒中というのは、夜中に起こることが多いのだそうです。
睡眠時無呼吸症の人が、いびきをかいて呼吸が止まっている間に、酸素の吸収率が減って血圧が上がるために、脳動脈が破裂してしまうのです。
そういわれると、高血圧や心臓病のほうが心配になる人もいるでしょう。
いびき防止の前に、これらの病気をなんとかしなくては・・・と思うでしょうが、実はいびき防止をすればこれらの病気も完治することが出来ます。

もしも、心臓病や高血圧の治療をしているのならば、まずはいびき防止に向けて診察を受けてみてはいかがでしょう?
いびきの診察は、呼吸器科や耳鼻咽喉科で受ける事ができます。
まずは、かかりつけの主治医に相談してみてはいかがでしょうか。
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © いびきは治る病気です。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。