スポンサードリンク


カテゴリ


サイトマップ


QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
いびきをかく原因として多いのが、咽頭にあたる部分に病気を抱えている場合です。
咽頭とは、鼻腔・口腔から喉頭・食道の入り口までの部分を言います。
咽頭に障害があると、さまざまな形となって、その症状は現れます。
例えば、リンパ線が腫れる、食べ物を飲み込む時に喉が痛くなるなどが、それです。
そして、見落としがちなサインにいびきがあります。

風邪が原因の急性咽頭炎などは、風邪薬とともに、抗生剤やうがい薬で治療を行います。
普段、いびきをかかないのであれば、風邪が治るのとともに、いびき防止もされることでしょう。
しかしながら、へんとう肥大といわれるへんとう部が大きくなってしまうケースだと、風邪のように簡単にいびき防止をするわけにはいきません。
程度にもよりますが、へんとう部を切り取る摘出手術を受けなくてはいけない場合もあります。
しかし、程度が悪くても、発熱を繰り返したり、呼吸が止まるような大いびきをかかないのであれば、早急に手術を受ける必要はありません。
また、子どものいびきの原因で、最も多いのがこのへんとう肥大です。
よく熱を出したり、食が細いようならば、一度、口の中を覗いてみましょう。
喉が赤く腫れあがっていると、へんとう肥大の可能性が高くなります。

いびきの原因となっている咽頭の病気は、他にも咽頭ガン、声帯ポリープ、喉頭ガンなどがあります。
いずれも、早く治療しないといけないものばかりですね。
もしも、いびきで呼吸が止まっているようなことがあれば、一度、耳鼻咽喉科へ行きましょう。
いびきを防止できる上に、病気の早期治療が可能です。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
いびき防止をするためには、鼻呼吸で寝られるようにならなくてはいけません。
今回は、鼻の仕組みみてみましょう。

鼻は、私達人間に、とても大事な働きをしています。
嗅覚作用と呼吸作用がその大きな働きです。
特に、いびきと関係している呼吸作用では、鼻から入った空気を喉に送り込む際に、空気の温度や湿度を調整し、さらにはほこりや細菌をろ過するという大切な役割をしています。
普段は、あって当たり前の鼻も、病気になると、目や脳にも影響を及ぼすといわれています。
頭痛や注意力が散漫になるのも、鼻の病気と関係していることが多いのです。
そして、鼻の病気にかかったほとんどの人に、いびきをかく傾向がでます。
いびきは、放っておけば、睡眠時無呼吸症を引き起こす恐ろしい病気なのです。
いびき防止のためにも、早く治療を受けたほうが良いのかが分かりますね。

いびきの原因になる鼻の病気は、以下の通りです。
1.急性鼻炎
2.蓄膿症
3.慢性鼻炎
4.花粉症
5.鼻出血
6.鼻の外傷
7.鼻ポリープ

花粉症においては、日本にもたくさんの患者さんがいらっしゃいます。
花粉の時期が過ぎるまでの我慢だと思っている方も、いるでしょう。
しかし、花粉症を放置しておくと、慢性的な気管支喘息になるともいわれているのです。
必ず、治療を受けるようにしましょう。

そして、普段の生活で匂いがわからなくなったり、鼻が詰まっているような症状があるのならば、耳鼻咽喉科の診察をうけましょう。
耳鼻咽喉科の通院は、長期にわたることが多いので敬遠しがちですが、いびき防止のためにも、根気よく通院するようにしてください。
| BLOG TOP |
太っている人の多くが、いびきをかいているというのは、色々なデータでも立証されています。
皆さん、ご存知の通り、太るのは簡単でも痩せるのはなかなか上手くいきませんね。
ため息をついている人も多いことでしょう。
いびき防止のために、ダイエットを考えているのならば、まずは自分のライフスタイルを見直してみましょう。

食べすぎが原因で太ってしまったのならば、食事制限をしなくてはいけません。
また、運動不足が原因ならば、スポーツジムに通うとかジョギングをするなどの努力が必要です。
人間の一日に必要なエネルギーをしっていますか?
例えば、30代男性で体重が70キロあった場合、普通の生活で約2500キロカロリーのエネルギーが必要とされています。
もしも、これ以上のカロリーをとっていれば、太っていくのは当然ですね。
食事療法をする時には、たんぱく質・糖質・ビタミン・ミネラルを欠かさないようにして、少しずついつもの食事の量を減らしていきましょう。

また、運動不足の人は、摂りすぎたエネルギーを消耗するように、適度に体を動かすようにしましょう。
体重が減れば、喉まわりのお肉もおちて、いびき防止につながっていくはずです。
そして、メタボリックなどの恐ろしい病気からも縁遠くなることでしょう。
いびき防止のために行うダイエットが、健康な体も取り戻してくれるのですから、こんなに良い話はありませんね。
家族の協力も必要ですが、自分自身のためにも、強い心で頑張りましょう。
| BLOG TOP |
睡眠時無呼吸症には、糖尿病や高血圧の合併が多いといわれています。 高血圧や糖尿病の方の多くは、持病であるとあきらめて、たくさんの薬に頼って生活している方が多いようです。 悪くさえならなければ、ずっと病気と付き合っていこうと思っている方は多いでしょう。 しかし、実は高血圧も糖尿病もいびきと大いに関係があるのです。 睡眠時無呼吸症の治療に使われるCPAP療法では、これによって血圧が下がることが分かっています。 CPAPを使い続ければ、高血圧も解消されるというわけです。 CPAPを使わなくてはいけないほどの、いびきに悩んでいる方の多くは、肥満体型であると言われています。 CPAP療法を始める場合、おそらく医師からダイエットを指示されることでしょう。 ダイエットに成功して、喉の気道が確保されるようになると、酸素を取り入れる量が多くなります。 おそらくこの頃には、血圧も正常値を示すようになっていることでしょう。 糖尿病や高血圧を患っている方は、取り入れる酸素が少ないとこれらの病気を悪化させてしまうのです。 高血圧・糖尿病だと診断されているのならば、一度、いびきの検査も受けてみてはいかがでしょう? いびき防止をすれば、高血圧も糖尿病も解消されるかもしれません。 高血圧も糖尿病も、とても怖い病気です。 しかし、いびき防止によって、一度に二つの病気を退治できるなんて、こんなに嬉しいことはありませんね。 ダイエットやCPAP療法といったいびき防止法は、根気が要る治療法ですが、健康な体を取り戻すためにも頑張りましょう。
| BLOG TOP |
いびきというのは、いびきをかいている本人よりも、聞かされる家族のほうが迷惑なものです。
いくら本人に「うるさい」と言っても、「仕方ないだろ!」と逆ギレされる方も多いのではないでしょうか?

枕の高さが・・と言われれば、枕を買い替えたり、鼻にテープを貼ってみたり・・・
いろいろないびき防止グッズも効果がないとわかれば、あとは聞かされる側が耳栓をするくらいしか方法がありませんね。
しかし、耳栓も目覚まし時計の音が聞こえないなどといったデメリットがあります。
結局、寝室を別にするしかいびき防止の方法がないという人も多いでしょう。

でも、それで諦めてはいけません。いびきは本当に体に悪いのです。
疲れているから・・・なんていった理由で、大いびきを毎日かくことはありません。
必ず、何かしらの病気を抱えているのだということを、知っておいてくださいね。
本人にその気がなくても、いびきに関する本やネット情報を見せて、その恐ろしさを知ってもらいましょう。
そして、できるだけ早く病院にかかることをすすめましょう。
睡眠の専門医を嫌がるようであれば、耳鼻咽喉科に行ってもらうのも良いでしょう。
いびきの原因がわかれば、治るのも早いということも頭に入れておいてくださいね。いびきは『治る病気』なのですから。
もちろん、すぐにいびきをかかなくなるわけではありません。
医師の指示に従ったいびき防止法を続ければ、いつの日か家族みんなが同じ部屋で寝ることも出来るでしょう。
| BLOG TOP |

copyright © いびきは治る病気です。 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。